comivelへようこそ♪
 
comivelのご利用には利用規約へのご同意が必要です。
必ずご確認、ご同意をお願いいたします。
運営ブログのご閲覧には利用規約へのご同意は必要ありませんが
一度注意事項をご確認いただけますと幸いです。

Androidエミュレーター「Genymotion」の仮想デバイスの作成・起動・設定方法

こんにちは、こんばんは
comivel運営のみきです!!

さて、前回高機能Androidエミュレーター「Genymotion (ジェニーモーション)」の
インストール方法をご説明しました

高機能Androidエミュレーター「Genymotion」のインストール方法をわかりやすく解説しました!! Genymotionを使うと無料で簡単に仮想デバイスが作れます

前回の続きで今回は、Genymotionで仮想デバイスを作っていきます!!

それでは、行きましょう!!

広告

Genymotion仮想デバイスの作成

前回、このような画面で終わりました

genymotion起動画面

一番手前のダイアログは新しいデバイスを作りますか?と聞いています

真ん中のダイアログには使用上の注意が書かれています

一番奥がGenymotionのホームです

では、新しいデバイスを作るので一番手前のダイアログのYESを押します

genymotion新規デバイス

すると以下のようなタブが開きます

サインインを促されるので
Sign inを押します

genymotion新規デバイス作成ページ

すると以下のようなタブが開くので
前回作成したアカウントでログインします

genymotionログイン

アカウントが入力できたら
Sign inを押してログインしてください

ログインが完了したら以下のように利用可能なデバイスが選択できるようになります

genymotion新規デバイス選択

このバージョンではAndroid7.0.0がプレビューバージョンとなっています

Android2.3.7~Android7.0.0まで対応しているようです

Android versionからAndroidのバージョンで絞り込むことができます

Device modelからCustom、Nexus、HTC、LG、Motorola、Samsung、Xperiaなどの

デバイスモデルで絞り込むことができます

種類が何種類かあるメーカーの機種はメーカ名で書いています

今回はNexus9のAndroid6.0版を作っていきます!!

※ここではNexus9を作っていきますが
やり方は基本一緒なので他の機種を作っていただいてもOKです

作りたい機種、バージョンを選択してNextを押してください

確認ページが出てきます

内容を確認してください

genymotionデバイス確認

Virtual device nameでデバイスの名前を変えることができます

確認をしたらNextを押してください

ダウンロードが開始されます

genymotionデバイスダウンロード中

ダウンロードが終わるとFinishが押せるようになるので

Finishを押してください

genymotionデバイスダウンロード完了

Genymotionホームに作成したデバイスが追加されます

genymotionホーム

これで、仮想デバイスの作成が完了しました

他の機種も作る場合はAddを押すことで機種選択に行けます

仮想デバイスの起動、設定

仮想デバイスの作成が終わったので

いよいよデバイスを起動します

genymotionホーム

起動したいデバイスを選択して、画面左上のStartボタンを押してください

するとデバイスの起動が始まります

genymotionデバイス起動中

デバイスが起動すると下の画像のように「android」と表示されます
これはOSの起動中ですかね

genymotionAndroidデバイス起動

この状態で少しすると
Android6.0.0のNexus9が表示されました!!

genymotion-Nexus9初めての画面

これで起動は完了です

android」と表示されたまま固まって動かない場合は
お使いのPCを再起動すると直る可能性があります
デバイスの起動中にplayer.exeは動作を停止しましたと
表示される場合はMicrosoft Office IMEMicrosoft IMEに変更すると直る可能性があります

※執筆中もplayer.exeは動作を停止しましたと表示されたので調べてみるとIMEを変えろとのことでした
IMEを変更したところ停止することはなくなりました

IMEの変更方法は既定の日本語入力システムを Office IME から Microsoft IME に切り替える方法をご覧ください

次は、デバイスを日本語化していきます!!

まずは設定アプリを開きましょう

[Settings]をクリックしてください

genymotion設定アプリ

設定アプリが開きます

日本語化は長くなるのでまとめます

※画像はスライドショーになっています
画像にカーソルを合わせると矢印がでてきます

[Language & input]をクリックします

Language & inputの一番上にある[Language]をクリックしてください

Languageの一番下にある日本語をクリックします

日本語になりました(最後のスライダー参照)

genymotion設定
genymotion言語設定
genymotion日本語選択
genymotion日本語

次に今のままでは時刻がアメリカの時刻になっているので
日本の時刻に変えます

設定アプリを開きます

genymotion設定アプリ

こちらもスライドショーを使って画像をまとめています
画像にカーソルを合わせると矢印が表示されます

設定アプリの一番下にある

システムの中の日付と時刻をクリックします

タイムゾーンの自動設定のチェックを外します

外すとタイムゾーンの選択ができるようになります

タイムゾーンの選択を押し、
タイムゾーン一覧から日本標準時を選択します

これで時刻が日本時刻になりました

genymotionデバイス時刻設定
genymotionタイムゾーン自動設定オフ
genymotionタイムゾーン選択
genymotionタイムゾーン(日本標準時)

次は、キーボードの設定です。

こちらも画像はスライドショーにまとめてあります
画像にカーソルを合わせると矢印が表示されます

デフォルトでは入力はPCのキーボードだったので
端末のキーボードを使えるようにします

設定アプリを開いてください

genymotion設定アプリ

言語と入力をクリックしてください

genymotionキーボード設定

現在のキーボードをクリックしてください

genymotion現在のキーボード

すると以下のようなポップアップ?が表示されます

ハードウェアの横にあるチェック?をオンにします

genymotionハードウェアキーボード

このように設定することで通常のAndroidのような感じにできます

genymotionブラウザキーボード表示

ただ、皆さんまだ違うところがありますよね?

さぁ違うところはどこでしょう?

そうです。キーボードが日本語じゃないのです

というわけで最後は、キーボードを日本語化しましょう!!

いつも通り設定アプリを開きましょう

genymotion設定アプリ

言語と入力をクリックします

genymotionキーボード設定

次に、現在のキーボードをクリックしてください。

genymotion現在のキーボード

先ほどと同じポップアップ?が出てきますが
今度はキーボードの選択をクリックしてください

genymotionキーボードの選択

以下のような画面になるので
Japanese IMEにチェック?を入れてください

genymotion-japaneseime有効化

すると、言語と入力の現在のキーボードに
Japanese IMEが追加されるのでJapanese IMEにチェックを入れてください

genymotion日本語キーボード

これで、ブラウザを確認します

genymotion日本語キーボ-ド

キーボードの日本語化できました!!

これで本物のAndroidに近づいたかなぁ~と思っています

今回でGenymotionについては終了です

皆さんいかがでしたか?

少しでもお役に立てれればうれしいです

Genymotionを使って最高の開発やゲームなどをしましょう!!

Genymotionまとめ

Genymotionの良い点

  • 個人利用なら完全無料
  • 自由な端末カスタム
  • 端末の新規作成が簡単
  • 豊富なAndroidバージョン

個人的にはカスタムがすごく良いと思います

ほかのエミュレータでは決められた機種しか使えなかったり
アプリを入れないと無料で使えなかったりするみたいです

Genymotionの悪い点
これは使用PCによって違うと思いますが、1回目の起動が異常に遅かったです
2回目以降の起動はとても?早いです

こちらも使用PCによって違うと思いますが、だいぶもっさりします

※何年も前のパソコンなので、現在のPCでしたらサクサクだと思います

良いスペックのPCを持っていないので多分です。多分・・・

というわけでGenymotionのまとめでした

長い記事でしたが最後までお読みいただきありがとうございました

SNSシェア、コメントしていただけると嬉しいです

もちろん本来の漫画小説を閲覧、投稿していただけると嬉しいです

ということでみきでした!!

それでは次回の運営ブログでお会いしましょう!

バイバイ~♪

前回のインストール編と同じで2017年2月15日に一部記事を修正しました
補足を追加したりしました
トップへ戻る