comivelへようこそ♪
 
comivelのご利用には利用規約へのご同意が必要です。
必ずご確認、ご同意をお願いいたします。
運営ブログのご閲覧には利用規約へのご同意は必要ありませんが
一度注意事項をご確認いただけますと幸いです。

「重い!!」に卒業!?Windows7を軽くする方法

こんにちは。こんばんは。
comivel運営のみきです!!

今回はWindowsを少しでも軽くするために

行ったことをご紹介します

※以下の方法は機種により違いがあるためあくまでご参考程度にご覧ください

広告

軽くするために行ったこと

  • 視覚効果の変更
  • 背景の変更
  • Windows一時ファイルの削除
  • 起動時Windowsロゴの非表示

番外編

  • インターネット一時ファイルの削除
  • ブラウザのアドオン(拡張機能)

以上のことを行いました

以下からは実際のやり方をご紹介します

Windowsのバージョンによって項目がない場合、変更される内容が違う場合がございます
変更内容によってはWindowsが起動しなくなる
不具合が発生する可能性がございますので
バックアップを取ってからお試しください
バックアップの方法はPC をバックアップおよび復元するをご覧ください

軽量化(高速化)の実施

まずは今回で一番効果があったと思う

視覚効果の変更方法です

視覚効果の変更

スタートメニューからコントロールパネルをクリックします

スタートメニュー-コントロールパネルクリック

コントロールパネルのシステムとセキュリティをクリックします

コントロールパネル-システムとセキュリティ

システムとセキュリティのシステムをクリックします

システムとセキュリティ-システム

システムの左にあるシステムの詳細設定をクリックします

システム-システムの詳細設定

すると以下のようなポップアップが出てくるので

詳細設定タブを押します

Windows-システムプロパティ

詳細設定タブのパフォーマンスにある設定ボタンを押します

システムのパフォーマンス

すると視覚効果を変更できるタブが開くので

ラジオボタンのカスタムを選択して

下のチェックボックスから

表示する、表示しない項目を選択してください

パフォーマンスカスタム

視覚効果の項目一覧は視覚効果の項目一覧をご覧ください

運営PCでは以下のように設定しました

項目名 状態
Aeroプレビューを有効にする 有効
Windows内のアニメーションコントロールと要素 有効
アイコンの代わりに縮小版を表示させる 有効
ウィンドウとボタンに視覚スタイルを使用する 有効
ウィンドウの下に影を表示させる 無効
ウィンドウを最大化や最小化するときに
アニメーションで表示する
無効
コンボ ボックスをスライドして開く 無効
スクリーン フォントの縁を滑らかにする 有効
タスク バーとスタート メニューで
アニメーションを表示する
無効
タスク バーの縮小版のプレビューを保存する 無効
デスクトップ コンポジションを有効にする 有効
デスクトップのアイコン名に影を付ける 無効
ドラッグ中にウィンドウの内容を表示する 有効
ヒントをフェードまたはスライドで表示する 無効
マウス ポインターの下に影を表示する 無効
メニューをフェードまたはスライドして表示する 無効
メニュー項目をクリック後にフェードアウトする 無効
リストボックスを滑らかにスクロールする 有効
透明感を有効にする 無効
半透明の[選択]ツールを表示する 有効

これで結構軽くなりました

なるべくデザインが気にならないに程度に変更を加えました

すこし気になったらここを変更すれば元に戻せます

次は背景の変更です

画像を単色背景にすることで

デスクトップの読み込み、表示が速くなりました

背景の変更

スタートメニューからコントロールパネルをクリックします

スタートメニュー-コントロールパネルクリック

コントロールパネルのデスクトップの背景の変更をクリックします

コントロールパネル-デスクトップ背景色

[ 画像の場所(L): ]の横にあるドロップボックスから単色を選択、

下から設定したい色を選択して変更の保存を押してください

デスクトップ背景色の変更

これでデスクトップ背景色が選択した色になります

Windows一時ファイルの削除

次にWindows一時ファイルの削除です

今回一時ファイルの削除はPCに入れていたソースネクストZEROウイルスセキュリティで行いました

ソフトを使わなくてもWindowsのディスククリーンアップでもできます

一部PR

まずは更新料不要のウイルス対策ソフト

ZEROウイルスセキュリティでの一時ファイル削除方法です

まずトップ画面から各種ツールを押します

ZEROウイルスセキュリティ-各種ツール

各種ツールの中からWindows一時ファイル削除ツールを選択してください

Windows一時ファイルの削除ツール

すると以下のようにもう一つウィンドウが開きます
その中のクリーンアップを開始を押すと一時ファイルの削除が始まります

はい。終わり
簡単ですね

この前ご紹介したGenymotionでもZERO ウイルスセキュリティは
「こいつインターネットに接続しようとしているぞ!!」と教えてくれました。
後はhostsファイルを変更したときとかも「変更があったから確認しろよ」と教えてくれました

実際はこんな文面ではないのでご安心ください

ZERO ウイルスセキュリティのご購入は以下から

ソースネクスト

楽天市場


ZERO ウイルスセキュリティ 1台用 マルチOS版

続いてソフトなし版です

左下のwindowsボタンを押してプログラムとファイルの検索に「ディスク クリーンアップ」と入力し検索します

プログラムの名前は「ディスククリーンアップ」ではなく「ディスク クリーンアップ」です
スペースが必要です。
環境によってはディスクだけでも表示されます

ディスク クリーンアップが表示されたら
クリックしてプログラムを立ち上げます

ディスククリーンアップを検索して立ち上げ

プログラムを立ち上げると以下のような画面が出てきます。

Cドライブを選んでOKを押してください

クリーンアップするディスクの選択画面

するとディスクのスキャンが始まります

ディスクのスキャン画面

環境にもよりますが結構長いので待ちましょう

スキャンが完了すると以下のようなクリーンする項目を選択する画面が出てきます

インターネット一時ファイルを削除するのでインターネット一時ファイルにチェックを入れてください

そのほかにゴミ箱に捨ててはいるが完全に削除していない場合はごみ箱を選択してください

選択が終わったらOKを押してください

削除する項目を選択

OKを押すとこれらのファイルを完全に削除しますか?と聞かれるので
ファイルの削除を押してください

すると削除が開始されます

これで削除が完了しました。

ブラウザのアドオン(拡張機能)の追加

メインブラウザがChromeなのでChromeで使えるアドオンをご紹介します

OneTab

ステマではないので正直に言うと

メモリ使用量を95%減少させ、タブを整理します

95%は減りませんでした

環境によって変動します

ただだいぶ減ります

ではインストールしてみましょう

OneTab – Chrome ウェブストアにアクセスします

画面右上にあるCHROMEに追加を押してください

※以下の画面はすでにインストール済みのためCHROMEに追加と表示されていませんが同じ場所に表示されています

OneTabのインストール画面

インストールが終わるとツールバーにone tabが追加されます

インストール後のツールバー

one tabのマークを押すと一つのページにまとまります(実行されます)

実行前のメモリ使用率

OneTab実行前のメモリ使用率

実行後のメモリ使用率

OneTab実行後のメモリ使用率

結構違いますよね

ちなみにまとめられたタブはOneTabのページに表示されます

OneTabのページ

リンクをクリックすると新規タブでページが開きます

すべてを復元するを押すとすべてのページが開きます

簡易的な後で読むみたいに使えます

まとめ

皆さん今回の記事どうでしたか?

すこし速くなったという方が居られればうれしいです。

ちなみに今使っているPCは
だいぶ昔のやつで低スペックなので
結構速くなりました

ざっくりスペック
OS:Windows Vista (現在:Windows7 32bit)
CPU:Intel Core 2 Duo
メモリ:4GB

ちなみにサーバースペック
OS:CentOS7 64bit
CPU:Intel Core i7
メモリ:16GB

な、なんだこれ…
分け与えてあげたい

家にあるPCで一番スペックが良いのがサーバー機です。

なんか話がずれましたが参考程度に…

と言うわけで今回はWindowsをできるだけ高速化する方法をご紹介しました!!

役に立った。高速化できたという方はシェア、コメントよろしくお願いします!!

それではまた次回の運営ブログでお会いしましょう!!

バイバイ♪

トップへ戻る